送信機

ハイブリットシステム送信機(日本陸連公認)

マラソン計測送信機 仕様書     TTX-356A

装置の概要 
 マラソンランナー等が通過するゲートへ設置したトリガアンテナに接続して、タグからID番号を送信させる装置です。
トリガアンテナは5m用・8m・10m用に対応してスイッチを切り替えて使います。

装置の仕様
 送信周波数————- 35.7kHz±0.5kHz以内
 適合アンテナ———– 5m用8m用10m用(スイッチ切り替え)
 トリガ範囲————- アンテナの中央で無電池式タグは最大高さ約0.45m、電池式タグは最大約2.5m
 外形 —————– ペリカンケース1400型(339×295×152)に収納
 電源 —————– AC100V,3A以下、(停電時は、内蔵電池で約5分間バックアップ
 重量 —————– 7kg以下 作動温度 -10度~+60度

送信機の外観    ペリカンケース 1400型(黄) に収納

soshin1
soshin2

①トリガアンテナコネクタ:5m用8m用10m用のトリガアンテナを接続。

②5m/10mスイッチ:接続するトリガアンテナの種類に合わせ、つまみ部を引き上げてから切り替える。

③電源コネクタ:AC100Vへ接続。

④ヒューズホルダ:1Aのヒューズを入れます。

⑤ブザースイッチ:ONでブザー音を出力、OFFではブザー音無し。

⑥液晶表示器:出力レベルを表示。(下図は目安であり±1程度は表示設定の都合で異なる場合がある)
 アンテナ接続無しか断線等       出力-L                出力-M                 出力-H

soshin3

⑦出力レベルスイッチ:無電池タグ受信時でトリガアンテナが5mの時はM、トリガアンテナが10mの時はHに設定。
           電池式タグの時はLに設定。
           アンテナの近くに大きい金属物が有って送信レベルが低いときはHに設定する。

⑧電源スイッチ:保護板を開いてスイッチを押すと電源が入り、再度押すと切れる。
 

 

privacy1